ネットショップ [ STORES.jp ]

ネットショップ開設サービスSTORES.jpの手数料や使い方を解説!

  ネットショップ開設サービスSTORES.jpの手数料や使い方を解説!

STORES.jp公式サイトへ

総合評価

4.5

使いごこち
使いやすい
機能
多機能
無料プラン
あり
月額料金
スタンダードプラン:1,980円
販売手数料
なし
決済手数料
フリープラン:5% スタンダードプラン:3.6%
向いている人
  • 初心者
  • セミプロ
作れるホームページ
  • ネットショップ
向いているジャンル
  • カフェ
  • コスメ
  • 雑貨
  • ファッション
  • ハンドメイド
  • インテリア
  • スポーツ
  • 家電・スマホ
  • ホテル

ネットショップを開設しようと思った時、STORESかBASEがまず悩む人も多いのではないでしょうか。

今回は、STORESのネットショップ開設までの流れをご紹介します。BASEと比較しながら、手数料や使い方について見て行きましょう。

1.STORESとは

STORESは無料で自分のネットショップを公開できるサービスです。

毎月8,000ストアがオープンしているほど人気で、最大の特徴は、専門知識不要のシンプルさと気軽さ

そのような、簡単にネットショップを開業できるSTORESを実際に利用するとどのようなメリット・デメリットがあるのか、詳しく見ていきましょう。

STORES.jp公式サイトへ

うさ吉先生

シンプルで使いやすいサービスだぞ

2.STORESのメリット

必要な機能を無料で利用できる

ネットショップを個人が運営する上で必要な機能は全て無料で利用できます。

例えば、下記のような、実際にお客さんが来て販売するまでに必要な機能も無料の範囲内で利用できるところがメリットです。

  • 物販や音楽などのダウンロード販売
  • 送料設定
  • 定期購入設定
  • メルマガ
  • クーポン発行

また、もっと自分色にカスタマイズしたネットショップを運営したい!という方にとっては下記の機能なども無料で利用が可能です。

  • ストアデザインの変更
  • 広告タグの設定

これだけの機能があれば、ひとまずネットショップを開業する上では十分なはずです。

これだけの機能を無料で使える点は、「早く自分のショップを持ちたい!」という人にとっては嬉しいメリットですよね。

色々な決済手段に対応可能

「これ欲しいけど、私のカードに対応してないから買えないなぁ。」という経験ありませんか?

せっかく購入する間際まで行ったのに、お客さんに合う決済方法がないため、販売機会を逃してしまった、という通称「カゴ落ち」は実際に多くのECショップでもよく起きていることです。

その点、STORESでは下記の決済機能を利用でき、一般的な範囲は全てカバーできていると言えるでしょう。

  • クレジットカード決済
  • コンビニ決済
  • PayPal
  • Pay-easy
  • キャリア決済
  • 後払い決済
  • 楽天ペイ
  • 銀行振込
  • 代金引換(プレミアムのみ)
  • AmazonPay(プレミアムのみ)

カゴ落ち

カゴ落ちとは、ネットショップに訪問したユーザーが、商品をカートに入れたまま購入せずにサイトを離れてしまうことです。

Instragramからも集客ができる

今のネットショップでInstagram対策をしないのは勿体ないです。

特にインスタ映えをするようなアイテムを売ろうと考えている人は、Instagramからの流入も見込めるSTORESを利用するメリットは大きいでしょう。

STORESのInstragram画像連携の機能を利用すると、掲載された写真から3回以内のクリックでSTORSのアイテム詳細ページまで遷移させることが可能です。

STORES.jp公式サイトへ

うさ吉先生

決済方法の多さはすごいメリットだ。代引決済はよく使われるが、なかなかプランにないサービスも多いんだ

3.STORESのデメリット

良いことずくめに見えるSTORESにもデメリットがあります。それぞれ、詳しくみていきましょう。

電話サポートなし、メールサポートのみ

STORESでは電話による問い合わせは受け付けておらず、メールで運営に問い合わせるしかありません

もし、「お客さんから決済が完了できないという問い合わせがきてる!」「デザインを変えようと思ってCSSを弄ったら元にもどらなくなってしまった!」など、緊急性が高い要望に即座に応えてくれないというデメリットが。

実際にネットショップを運営しているとわかりますが、対面式のショップではないとしても、お客さんとの信頼関係は非常に重要です。

ネットショップという特性上、何かあったらすぐに口コミで悪い評判が広がるため、このようなすぐに不具合等に対応をしてくれないのは非常にストレスを感じるデメリットです。

うさ吉先生

是非電話サポートが欲しいところだ

4.STORESの料金プラン

STORESの料金プラン

STORESの料金プランは、フリープランとスタンダードプランの2プランです。

手数料はじわじわと効いてくるので、売り上げを見込んで、フリープランか、スタンダードプランかを選びましょう。

5.STORESの無料プランでできる範囲ってどこまで?

STORESで無料利用ができる機能は下記の通り。

  • アイテム画像の追加は4枚まで
  • 全決済方法の利用
  • 送料設定
  • 英語対応
  • ディスカウント
  • メルマガ
  • 自動配信メール
  • 顧客管理
  • ストアボタンの設置
  • 広告タグの設置
  • 定期購入の設定
  • クーポン発行

個人がネットショップを持つうえで必要な機能はほぼ全て揃っているため、月額980円のプレミアムプランに入るのは「ショップの拡充」が目的になります。

例えば、ストアデザインを拡張したり、品切れしていたアイテムを予約できる制度、独自ドメインにしてオリジナル性を高めたりすることなどは無料プランではできません。

STORES.jp公式サイトへ

うさ吉先生

無料プランでも機能としては十分だ!

6.STORESの手数料について知りたい

以前手数料は一律5%でしたが、2019年7月10日からスタンダードプランが5%→3.6%に変更されました。

フリープランだと手数料は一律5%ですが、スタンダードプランだと下がるのはかなりメリットです。月額だけ目を向けず、手数料入れて月額のコストを計算しておきましょう。

7.STORESのデザインはおしゃれ?

STORESのテンプレートデザインは透明感がある白を基調としたデザインが多い傾向にあります。

アイテム画像の色味や主張を邪魔しない透明感のあるデザインはシンプルでいて機能的であり、ミニマルなデザインだと言えるでしょう。

個人によってオシャレかどうかの判断は変わりますが、某ECサイトのように赤や茶などの色でけばけばしいデザインとはかけ離れた清潔さがあります。

うさ吉先生

画像サイズが変わったり、入力内容が変わる前提のテンプレートデザインというのは難しいのだが、素人が入力しても綺麗なデザインを保っているのでデザイン性は高いと言えるだろう

8.STORESは独自ドメインは使える?

プレミアムプランに入ることで、.comおよび.netの独自ドメインを持つことが可能です。

ただ、SEO的な観点では差は出ず、あくまでも独自のショップであるという演出やこだわりを持ちたい人におすすめの機能だと言えるでしょう。

STORES.jp公式サイトへ

9.ネットショップを作るにはSTORES、BASE、wixだとどれが良い?

ネットショップを運営する上で、オーナーが気になる点は下記の4点ではないでしょうか。

  • 販売方法の種類
  • デザインの種類と拡張性
  • 決済方法や手数料
  • 売上UPのためのサポートツールの有無

それぞれの点で比較していきます。

販売方法はwix以外差が感じられない

ネットショップにおける主な販売方法は、「その場でアイテムを売る」「定期購入」「予約販売」「特定の会員のみへのシークレット販売」の4つでほぼ網羅しているはずです。

STORESとBASEはどちらも同じユーザーをターゲットにしている競合企業であるため、どちらかが実装した新規機能はすぐにマネされるため、両社の違いは特に見受けられません

定期購入のサイクル設定がSTORESは1週間・2週間と変えられ、BASEは1ヶ月しか選べないなど細かい部分での差があるだけで、利便性においては差はないでしょう。

対してwixはネットショップというよりもホームページ作成サービスであるため、これらネットショップの販売機能において明らかに残りの2社に劣っています

デザイン性に関しては圧倒的にwix

ホームページ作成サービスであるwixはデザインのテンプレートも500種類から選べたり、カスタマイズする際もGUI(ビジュアルをリアルタイムで確認しながら、ドラッグ&ドロップでデザインの変更が可能)でデザインを変えられるので、利便性も高いです。

対してSTORESとBASEはテンプレートは100種類ほどで、カスタマイズもHTMLとCSSのみです。

決済方法はSTORES、手数料は差がない

wix、BASEともに手数料は3.6%(BASEはそこに+40円がつく)で、現在はSTORESが5%ですが2019年7/1より3.6%になるため、3社とも差はほぼありません。

ただ、決済方法に関してはSTORESが9種類、BASEが5種類、wixは4種類と決済方法が1番多いのはSTORESなので、「カゴ落ち」を避けたい人はSTORESがおすすめです。

サポートツールの豊富さ

顧客管理情報からメルマガ、英語対応やまとめ販売や予約販売など、STORESとBASEはほぼ同じ機能を利用することができる反面、wixはやはり、元がホームページ作成サービスであるため、両社に劣っているのが現実です。

STORES.jp公式サイトへ

うさ吉先生

wixはホームページ作成サービスの色が強いので、ネットショップを作るなら、STORESかBASEがおすすめだ!

10.STORESの解約・退会方法は?

STORESの解約・退会はストアにログイン後、「アカウント設定」ページから可能です。

ただ、以下の場合は解約・退会ができないため、手続きを済ませる必要があります。

  • 未対応のオーダーが残ったままになっている
  • ストアの売り上げの振込が全て完了していない
  • プロモーション機能を利用している(OFFにしてから3日経つ必要がある)

11.STORESまとめ

STORESはすぐその場で無料でネットショップを運営できることに特化したサービスです。

無料で始めやすく、かつ売り上げを伸ばすためのツールやサポートが充実しているため、初心者から本格的なネットショップ経営者まで様々なニーズをカバーしているのが特徴です。

自分の周りに売りたいものがある方はぜひ気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

STORES.jp公式サイトへ

うさ吉先生

STORESは実際とっても使いやすかったぞ。無料登録があるから、是非試してみてくれ!