ネットショップ [ STORES ]

2021/08/31 更新

STORES(ストアーズ)の手数料や評判は?BASE・Wixと徹底比較

  STORES(ストアーズ)の手数料や評判は?BASE・Wixと徹底比較

STORES公式サイトへ

STORESは簡単にネットショップが作成できる月額無料のサービスです。

STORESは月額0円で利用できますが、実は手数料も安いんです。

同じようなサービスでCMでも馴染みのあるBASEがありますが、どちらがより安くて使いやすいのでしょうか。

実際に使いやすかどうか、STORESの特徴や評判を見ていきましょう。

STORESの基本情報

使いごこち
使いやすい
機能
多機能
月額料金

無料プランあり

フリープラン:0円
スタンダードプラン:2,178円
販売手数料
なし
決済手数料
フリープラン:5% スタンダードプラン:3.6%
向いている人
  • 初心者
  • セミプロ
作れるホームページ
  • ネットショップ
向いているジャンル
  • カフェ
  • コスメ
  • 雑貨
  • ファッション
  • ハンドメイド
  • インテリア
  • スポーツ
  • 家電・スマホ
  • ホテル

STORES公式サイトへ

1. STORESとは

STORESは無料で自分のネットショップを開設できるサービスです。

毎月10,000ストアがオープンしているほど人気で、最大の特徴は専門知識不要のシンプルさと気軽さです。

簡単にネットショップが開設できるSTORESを実際に利用すると、どのようなメリット・デメリットがあるのかわかりやすく解説していきます。

うさ吉先生

STORESは、とってもシンプルで使いやすいサービスだ!

STORES公式サイトへ

2. STORESのメリット

STORESはほかのネットショップ開設サービスと比べて、とても使いやすいのがメリットです。

必要な機能を無料で利用できる

STORESには有料プランがあるのですが、無料プランでもネットショップを個人が運営するうえで主要な機能はすべて利用できます

おもな機能とは、実際どのようなものでしょうか。

たとえば、お客さんが来て販売するまでに必要な機能が無料の範囲内で利用できるのです。

  • 物販や音楽などのダウンロード販売
  • 送料設定
  • 定期購入設定
  • メルマガ配信
  • クーポン発行

またもっと自分色にカスタマイズしたい、ネットショップを運営したいという人にとっては、下記の機能なども無料で利用が可能です。

  • ストアデザインの変更(48種類)
  • 広告タグの設定

STORESでは、無料で使用できるストアのデザインが48種類なのは嬉しいポイント。BASEは無料テンプレートは17種類なので、その差は歴然ですね。

これだけの機能があれば、ひとまずネットショップを開業するうえでは十分です。

多くの決済手段に対応可能

「これ欲しいけど、私のカードに対応してないから買えないなぁ」という経験ありませんか?

せっかく購入する間際までいったのに、お客さんに合う決済方法がないため販売機会を逃してしまう通称「カゴ落ち」は、実際に多くのECショップでもよく起きていることです。

その点、STORESでは下記の決済機能を利用できるので、一般的な範囲はすべてカバーできていると言えるでしょう。

  • クレジットカード決済
  • コンビニ決済
  • キャリア決済
  • 銀行振込
  • Paypal
  • 翌月後払い(Paidy)
  • 楽天ペイ
  • 代金引換(スタンダードのみ)
  • AmazonPay(スタンダードのみ)

カラーミーショップなどの有料のネットショップ開設サービスでも、これだけの種類の決済方法があるところは少ないのです。

フリープランでも、十分な決済方法の多さと言っていいでしょう。

カゴ落ち

カゴ落ちとは、ネットショップに訪問したユーザーが、商品をカートに入れたまま購入せずにサイトを離れてしまうことです。

電話サポートがある

STORESは、電話サポートがあります。フリープランがあるサービスで、電話サポートまでついているサービスは珍しいです。

もし「お客さんから決済が完了できないという問い合わせがきてる」「デザインを変えようと思ってCSSをいじったら元にもどらなくなってしまった」など、緊急性が高い要望にすぐ問い合わせができる環境は助かりますね。

実際にネットショップを運営しているとわかりますが、対面式のショップではないとしても、お客さんとの信頼関係は非常に重要です。

ネットショップという特性上、何かあったらすぐに口コミで悪い評判が広がるため、電話サポートはサービスを選ぶ大事なポイントです。

Instragramからも集客ができる

今のネットショップで、Instagram対策をしないのはもったいないです。

とくにインスタ映えをするようなアイテムを売ろうと考えている人は、Instagramからの流入も見込めるSTORESを利用するメリットは大きいでしょう。

STORESのInstragram画像連携の機能を利用すると、掲載された写真から3回以内のクリックでSTORSのアイテム詳細ページまで遷移させることが可能です

うさ吉先生

インスタからの集客力は抜群だ!

STORES公式サイトへ

3. STORESのデメリット

いいこと尽くめに見えるSTORESにもデメリットがあります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

デザインカスタマイズの幅が狭い

STORESのテンプレートは、CSSの編集は可能ですが、HTMLにあたるソースコードの編集ができません。

デザインテンプレートは多く用意されているので、初心者にとっては使いやすいですが、プロにとっては編集できないので使い辛いでしょう。

集客機能が少ない

STORESと言えば、どうしてもBASEと比べてしまいます。その点で言うと、BASEは販促アプリがあるので、ショップを多くの人に知ってもらうことができます。

STORESは、そのようなプラットフォームはないので、集客機能は少し物足りないかもしれません。

うさ吉先生

ストアーズは簡単で使いやすいが、逆にこだわりたい人にとっては物足りないかもしれない

4. STORESの料金プランと手数料

STORESの料金プラン

STORESの料金プラン

STORESの料金プランは、無料の「フリープラン」と月額2,178円の「スタンダードプラン」の2プランです。

通常は、フリープランを選んで問題ないでしょう。「独自ドメインにしたい」「手数料を安くしたい」といった場合は、スタンダードプランが必須になります。

STORESの手数料

手数料は、販売手数料と決済手数料にわけられます。STORESの場合は販売手数料は無料で、決済手数料がプランによって違います。

フリープランは5%スタンダードプランは3.6%です。

どのぐらい売り上げればスタンダードプランがお得になるかと言うと、月の売上が16万以上からです

途中からプラン変更も可能なので、売上に達するまでフリープランで頑張るのも賢い使い方です。

うさ吉先生

フリープランでも手数料は決して高くはないぞ!

STORES公式サイトへ

ネットショップの手数料が計算できる計算機はこちら↓

STORESとBASEで悩む人は、2つのサービスの手数料比較を参考に↓

5. STORESのデザインはおしゃれ?

STORESのデザイン
すっきり洗練されたデザイン

STORESのテンプレートデザインは、白を基調としたデザインが多い傾向にあります。

アイテム画像の色味や主張を邪魔しないデザインは、シンプルでいて機能的であり、ミニマルなデザインだと言えるでしょう。

個人によってオシャレかどうかの判断は変わりますが、ショッピングモールで見られるごちゃごちゃしたデザインではなく、すっきりとした洗練されたデザインです。

うさ吉先生

デザイン性は高いから、ファッションやコスメなどのネットショップには相性抜群だぞ

STORES公式サイトへ

6. STORESは独自ドメインを使える?

スタンダードプランに入ることで、「https://(好きなワード).com」や「https://(好きなワード).net」などの独自ドメインを持つことが可能です。

もし独自ドメインを使用しなければ、「https://(好きなワード).stores.jp」というドメインを使用することになります。

ネットショップサイトで「stores」が入るのは自然なので、STORESでは独自ドメインを使用しないユーザーも多いようです。

STORES公式サイトへ

7. STORESの使い方

ネットショップ開設手順がとっても簡単なSTORES。登録後のチュートリアルに沿って進めても作成できます。

くわしい使い方や機能について知りたい人は、こちらを参考にしてください↓

8. STORESとBASE・Wixを比較

ネットショップを運営するうえで、気になる点は以下の4点ではないでしょうか。

  • 販売方法の種類
  • デザインの種類と拡張性
  • 決済方法と手数料
  • 集客ツールの有無

それぞれの点で比較していきます。

販売方法はWix以外差が感じられない

ネットショップにおける主な販売方法は、「その場でアイテムを売る」「定期購入」「予約販売」「特定の会員のみへのシークレット販売」の4つでほぼ網羅しているはずです。

STORESとBASEはどちらも同じユーザーをターゲットにしている競合企業であるため、どちらかが実装した新規機能はすぐにマネされるため、両社の違いはあまり見受けられません

つまり、利便性においては差はないでしょう。

対してWixは、ネットショップというよりもホームページ作成サービスであるため、これらネットショップの販売機能において明らかに残りの2社に劣っています

デザイン性に関しては圧倒的にWix

デザインの種類は圧倒的にWixが多いです。最近はネットショップにも力を入れているので、デザイン面ではWixも選択肢に入ってくるでしょう。

STORESもBASEもWixほどはないにしても、デザインテンプレートの数は多いのですが、無料で使用できるデザインは、STORESが48種類、BASEが17種類なので、コストをかけたくない人はSTORESがおすすめです。

決済方法と手数料はSTORESが一歩リード

決済方法比較

STORES BASE Wix
9種類 7種類 4種類

決済方法は、STORESが一番種類が多いです

Wixは「PayPal、Stripe、Square、オフライン決済」と、海外のサービスのため決済方法が日本仕様ではなく、少し現実的ではないように感じます。

BASEは7種類ですが、「クレジットカード、コンビニ、キャリア、銀行振込、後払い」と、基本的な決済方法は押さえています。

手数料比較

STORES BASE Wix
3.6%〜5% 6.6% + 40円 3.6%

STORESとWixの3.6%が手数料で一番安いですが、どちらも手数料とは別に月額料金がかかります。

無料プラン限定で言えば、STORESの5%が一番手数料が安いです

集客ツールはBASEのショッピングアプリが注目

集客ツールは、BASEが独自に持っているショッピングアプリが嬉しい機能です。これは自分で作成したネットショップとは別に、BASEが運営するショッピングアプリに商品が出品されるので、多くの人に商品を見てもらえます。

そのほかに集客方法としてインスタの連携があり、これはSTORESとBASE両方に機能を持っています。

さらにSTORESは、WEARとの連携もあるので、ファッション関係のネットショップを作成する場合はピッタリでしょう。

Wixの注目する集客機能は、今のところ見当たりません。

うさ吉先生

Wixはホームページ作成サービスの色が強いので、ネットショップを作るならSTORESかBASEがおすすめだ!

STORES公式サイトへ

9. STORESの口コミ・評判

STORESの口コミは、簡単にネットショップが開設できるというだけあって、初心者の人からはとくに評判が良いようです。 以下に、おもな口コミを紹介しています。

良い口コミ

  • とにかく手数料が安い
    無料プランでネットショップをスタートさせて、売上が増えたときに有料プランに変更してみた。トータルでコスト考えると、決済手数料の3.6%はかなり安いと思う
  • 使いやすくてとても満足
    レイアウトはもちろんテキストスタイルも豊富なので、自分に合ったカラーのショップが開ける。しかもそれがスマホからも無料で使えるので、ネットショップ初心者の私でもとても使いやすい
  • アクセス解析や顧客管理ができるのはありがたい
    とくにアクセス解析では、どれくらい訪問者が増えているかなどわかるので、自分のショップのトレンドを掴みやすいのは助かる。操作性がシンプルなのも良い
  • 電子チケットが販売できるのは嬉しい
    芸能活動をしているので、ライブチケットを売って、グッズを予約販売できるのは強み。メルマガまで発行できちゃうので、これひとつで何でもできるのでおすすめ

悪い口コミ

  • 機能的には使いやすいが、無料プランだと決済方法がスタンダードプランより少ないのがネック。代引きの有無の差は結構大きいかもしれない。ある程度以上売り上げてるなら有料プランの方が良いかも
  • サイトデザインがちょっとシンプルめが多過ぎる印象。あんまりカラフルなものはないので、もう少し派手めなものも欲しいかな。ただ動画の埋め込みとかできるのは嬉しいので、デザイン面だけもう少し改善してほしい
  • ショップに載せる写真が勝手に正方形にリサイズされてしまうので、写真を撮る際に気をつけないとリサイズ後にイメージと違う画像になってしまうのが残念。ショップ専用のカメラアプリなんかがあったら嬉しいかも

口コミを見る限り、悪い評価というよりは改善してほしい点といった感じですね。少なくとも無料プランを使用している限りは、利用価値の高いサービスだと言えます。

STORES公式サイトへ

10. STORESの解約・退会方法は?

STORESの解約・退会はストアにログイン後、「アカウント設定」ページから可能です。

ただし以下の場合は、解約・退会ができないため手続きを済ませる必要があります。

  • 未対応のオーダーが残ったままになっている
  • ストアの売り上げの振込が全て完了していない
  • プロモーション機能を利用している(OFFにしてから3日経つ必要がある)

11. STORES(ストアーズ)まとめ

STORESは、すぐに無料でネットショップを運営できることに特化したサービスです。

無料なので低リスクではじめやすく、かつ売り上げを伸ばすためのツールやサポートが充実しているため、初心者から本格的なネットショップ経営者までさまざまなニーズをカバーしているのが特徴です。

無料で作成できるサービスなので、お試しで利用してみるのも良いですね。

うさ吉先生

STORESを使ってみたが、管理画面の使いやすさはピカイチだ!

STORES公式サイトへ

ヨガや美容室などオンライン予約サービスを作るならSTORES予約がおすすめです↓

TOP

お困りですか?