自作 [ 基礎知識 ]

ホームページを自作する方法

  ホームページを自作する方法

労力がかかっても、なるべく費用をかけずにホームページを作成したいと思う人もいるでしょう。そういう人は、ホームページの自作に挑戦してみましょう。

覚えるまでに多少時間はかかりますが、覚えると好きにホームページをデザインしたり、カスタマイズしたりできます。

まずは、自作のメリット・デメリット、そしてどんな方法があるのか見ていきましょう。

1.ホームページ自作のメリット

ホームページ自作のメリット

費用が安く済む

ホームページを自作するメリットとしては、何と言っても費用が安く済むこと。修正や、ページ追加など、全て自分で作成すれば費用がかかりません。

好きなデザインにカスタマイズできる

依頼すると、どうしてもイメージが伝えきれなかったり、思ってないデザインになることがあります。こだわりの強い人は、自作がおすすめです。

更新にスピード持って対応できる

お知らせの更新や、すぐ必要なコンテンツがある場合、依頼すると時間もお金もかかってしまいます。ホームページを自作していれば、スピードを持って更新したり、コンテンツを追加したりできます。

うさ吉先生

ホームページを見てショップにくるお客さんは多い。自分で作って、どんどん情報を発信しよう!

2.ホームページ自作のデメリット

ホームページ自作のデメリット

困った時の解決方法に時間がかかる

技術的なことで困ったら、解決方法を見つけるのに時間がかかってしまいます。

勉強する必要がある

やはり、技術的なことは勉強する必要があります。自作することを選択したのであれば、承知の上かもしれません。

ホームページの質が落ちる

プロと比べると、素人なのでホームページの質が落ちる可能性があります。ただ、ゼロから全て自作することも難しいので、まずは無料のデザインテンプレートなどを使用して質を保って行きましょう。

うさ吉先生

簡単ではないが、会得すれば仕事としても使えるぞ!

3.【方法1】ホームページ作成サービスを利用して自作する

ホームページ作成サービスを利用して自作

ホームページ作成サービスとは、ある程度デザインテンプレートがあり、そのデザインテンプレートに合わせてテキストや画像を入力してホームページが作成できるサービスです。

すでにホームページ作成のベースが出来上がっているので、自作するにはこの方法が、一番早くて簡単な方法です。

基本的にはユーザー登録をすれば、好きなデザインを選んで、文言を変更するだけです。無料で作成できるサービスもあるので、最初に始めるには良いでしょう。

Jimdo(ジンドゥー)

ホームページ、ブログ、ネットショップと色々なホームページが作れるジンドゥー。多機能だけど使いやすい管理画面が嬉しいポイント。無料プランがあるので、まず試しに作ってみても良いですね。

wix

wixは、ジンドゥーと同じく、ホームページ、ブログ、ネットショップが作成できるサービスです。こちらも多機能ですが、海外サービスなので仕様が外国向けな印象。ただ、登録者数は圧倒的。こちらも無料があるので、ジンドゥーと比べてみても良さそうです。

ペライチ

1ページのホームページが作成できるサービスです。上2つに比べると機能は劣りますが、その分とっても簡単に作成できるのがポイント。とりあえず、すぐホームページが欲しい人にはおすすめ。特にランディングページを作りたい人にぴったり。無料プランもありますよ。

うさ吉先生

すぐ作りたい人は、この方法が自作する上では一番スピードが早い!後から少しずつ技術的なことを覚えていくのもアリだ

4.【方法2】ゼロから自分で作成する

ゼロから自分で作成するのであれば、知識が必要になります。HTML、CSS、アップロード、サーバーなど、技術的な知識が必要になってきます。

ゼロからホームページを作れるようになれば、やりたいことの幅は広がりますし、それを仕事にすることもできます。

まず、自作するために必要なものはなんでしょうか。

作業環境

  • パソコン
  • ネット環境

ネット環境はもちろん必要です。また、スマホでホームページを作成するのは難しいので、パソコンは用意しておきましょう。

パソコンを持っていない人で購入を考えている人は、windowsとmacで悩む人もいるかもしれませんが、この場合はどちらでもOKです。

安さや無料ソフトの多さで考えるのであれば、windowsの方がおすすめです。

自作に必須で必要なもの

ドメイン、サーバー、メモ帳
  • ドメイン
  • サーバー
  • メモ帳

ドメインとサーバーは必須で必要です。これがないとホームページをアップできる場所がありません。準備しておきましょう。

ホームページを作成するとき、HTMLという言語で作成しますが、その場合adobeなどのホームページ作成ソフトを利用することが多いのですが、費用を抑えたい場合はパソコンに内蔵されているメモ帳でも十分可能です。

自作であったら良いもの

adobe、FTP、Chrome
  • adobeなどのホームページ作成ソフト
  • FTPアップロードソフト
  • Chrome(ブラウザ)

adobeなどのホームページ作成ソフト

初心者であれば、adobeのDreamweaverなどのホームページ作成ソフトを利用するとより作成しやすくなります。入力補助をしてくれるので、初心者にはありがたい機能です。

またadobeには、PhotoshopやIllustratorの画像加工や、アイコン作成ソフトもあります。よりホームページのデザインの幅が広がります。

FTPアップロードソフト

FTPアップロードソフトは、HTML、css、画像ファイルをサーバーにアップロードするためのソフトです。おそらく契約しているサーバーの管理画面でも行えますが、FTPアップロードソフトがあると便利です。

windowsもmacも無料でダウンロードできるソフトが多くあるので、ダウンロードしておきましょう。

Windowsのおすすめは、昔からあるFFFTPで、Macのおすすめは、FileZillaです。「FTPソフト」や「FTPクライアント」で検索すると多く出てくるので、自分に合うものを探しても良いかもしれません。

うさ吉先生

まずは準備から。最初から難しいデザインを思い浮かべず、簡単なデザインからはじめよう!

完全にホームページを無料で自作することは可能?

自作0円?

ネット環境を除いて、ホームページを無料で自作したい場合は、唯一外せないサーバーとドメインを無料で使えるところを利用しましょう。

ドメインは、サーバーを借りた時に一つドメインがついているサービスが多いので、サーバーを借りるとドメインも使える場合は多いです。

では、無料サーバーがあるかどうかですが、無料のレンタルサーバーもあります。ただ、サーバーが安定していなかったり、広告表示されるサービスがが多いです。できれば、一番低いプランでも良いので有料のサーバーを利用するのがおすすめです。

5.ホームページ自作の流れ

準備が整ったら、ホームページを作成する手順を見ていきましょう。

  • 1.素材を用意する(ロゴ、写真、テキスト)
  • 2.HTML、CSSで作成する
  • 3.ドメインを取得し、サーバーと接続
  • 4.サーバーに作成したHTML、CSS、画像を転送する

一番簡単なサイトを作成する流れは、この4ステップです。2や3でつまづくことがありますが、そこがクリアできればあとは慣れるだけです。

まずは、1ページだけでもいいので、少しずつ作成して行きましょう。

うさ吉先生

もしプロを目指すならもう少し工程が増えるが、初心者はまずこの流れで作成していこう!