仕事にする

未経験からWebデザイナーになる!短期で必要なスキルの習得方法

  未経験からWebデザイナーになる!短期で必要なスキルの習得方法

Webデザイナーは手に職のついた仕事です。テレワーク、リモートワークに向いていて、デザイナーという花形の職種のため、目指す人が増えてきています。

未経験や初心者の人がWebデザイナーになるために何が必要でしょうか。必要なスキルから、勉強方法、職種として需要があるかどうか見ていきましょう。

1. 未経験からWebデザイナーになるために必要なスキル

Webデザイナーになるために必要なスキル

Webデザイナーになるためにどんなスキルが必要なのでしょうか。

まず、国家資格などの資格は必要ではありません。「私はWebデザイナーです」と言えば、Webデザイナーになれますが、デザインやコーディングができないのに、Webデザイナーとは名乗れません

このWebデザイナーに必要なデザイン、コーディングスキルについて見ていきましょう。

Webデザイナーとして必要なスキル

最低限必要なスキルは、デザインとコーディングスキルです。この二つができるようになれば、まずはWebデザイナーと言えます。

できれば備えておきたいディレクションスキルも含め、これらの内容について詳しく説明します。

デザインスキル

Webデザインは、パソコンソフトを使用してデザインを作成します。一番多く使われているソフトは、AdobeのPhotoshopです。

同じAdobe製品でIllustratorというソフトもありますが、これでデザインする人もいます。WebデザイナーはPhotoshopが多いので、最初はPhotoshopで作成していくことになるでしょう。

このようなツールを使いこなし、背景色を決めたり、フォントを選んだり、装飾をしてホームページデザインを作成します。これがデザインスキルです。

デザインと言うと、イラストも描ける必要があると思う人もいるかもしれませんが、イラストはほとんどの場合、イラストレーターに発注するか、素材を利用します。

イラストを必ず描ける必要はないですが、描けると就職では有利です。

うさ吉先生

デザインができるからと言って、必ずしもイラストも上手いわけじゃないんだ。逆も然りだ

コーディングスキル

コーディングとは、実際にウェブ上で閲覧できるよう、デザインをHTMLとCSS言語を使用してマークアップをすることです。

HTMLは、テキストや画像を構造に沿ったタグ(画像ならimg、段落ならp)で囲み、CSSは、デザインしたテキストの色や背景画像をコードで指定していきます。

その他に、画像を動かしたり、要素を開閉したりするJavascriptという言語があります。Javascriptはプログラミングに近く、これも基本的な知識は身につけておく必要があります。

このHTML、CSS、Javascriptが使えるようになることが、コーディングスキルです。

うさ吉先生

Webデザイナーに敬遠されがちなコーディング。ここをしっかり勉強しておくと強いぞ!

ディレクションスキル

ディレクションとは、ホームページの作成依頼を受けて、お客さんの要望をデザインに落とし込み、コーディングして納品する流れを管理することを言います。

会社によってもその範囲は異なりますが、一般的に、打ち合わせ、スケジュール・進捗管理、ワイヤーフレーム作成、制作物のクオリティチェックなどがあります。

実際、ディレクション業務は難しいですが、需要の高い職種です。ディレクションができると給与アップにもつながるので、必須ではないですが、勉強しておいて損はありません。

これらのスキルを証明するために、資格を取得するのもおすすめです。Webデザイナーの資格があれば、就職や転職でアピールできます。

Webデザイナー検定についてはこちら▼

2. 30代・40代未経験でもWebデザイナーになれるのか

30代・40代未経験

結論から言うと、30代・40代の未経験でもWebデザイナーにはなれます。と言うのも、特別な資格や年齢制限がないからです。

ただ、就職活動の時不利になるのは確かです。30代、40代の未経験での就活は、どんな職種でも難しいでしょう。

希望がないわけでもありません。Webデザイナーの働き方は多種多様です。クラウドソーシングを使っての在宅ワークという方法があります。

また、パートやアルバイトは難易度が低い仕事があるので、主婦ママさんはまずはそこを入り口にするという手もあります。

メディア業界は、デザイン業務があります。今までの経験を活かして、例えば、子育て、転職、経理などのメディアを運営する会社に就職しても良いでしょう。

うさ吉先生

もし正社員でスキルアップを目指すのであれば、30代・40代はWebディレクターの方がなりやすいぞ

3. Webデザインの勉強をはじめる準備

パソコン

Webデザインの勉強をはじめる上で必要なものがあります。それは、パソコン、デザイン作成ソフト、コーディングソフトです。

Webデザインで必要なもの

  • パソコン
  • デザイン作成ソフト
  • コーディングソフト

パソコン

Webデザインの勉強をはじめる上で必要なものは、パソコンです。できればノートパソコンの方が、セミナーに持って行ったり、就職活動でポートフォリオを見せたりすることができるので、おすすめです。

その場合、WindowsかMacか迷うかもしれませんが、基本的には使いやすい方で良いでしょう。

特徴で言えば、Macの方がデザイナーが好むフォントが多く、Windowsは実際の案件でチェックする必要のあるブラウザIEが入っているので、実用性があります。

デザイン作成ソフト

デザインを作成するのにソフトが必要になります。有名なのは、先述したようにAdobeのPhotoshopとIllustratorです。最近では、同じAdobe製品のXDを使う人も増えています。

Adobe製品以外で言えば、Sketchを使っている人もいるようです。会社で働くのであれば、Adobe製品を使うことが多いので、まずはAdobeのPhotoshopとIllustratorは使えるようにしておきましょう。

コーディングソフト

コーディングは、実はメモ帳があれば作成できます。メモ帳はパソコンに入っているので、必ずソフトを使用する必要ありませんが、最初はソフトを使う人の方が多いでしょう。

コーディングソフトを利用した方が、コードの補助をしてくれるので、圧倒的にコードが書きやすくなります。

コーディングソフトは、デザインツールと同様、Adobe製品のDreamweaverを使っている人が多い印象です。

ただ、デザイン作成ソフトよりは数多くソフトが存在しているので、Adobe製品以外の無料、有料ソフトから、自分に合うものを探しても良いでしょう。

うさ吉先生

Adobe製品はちょっと高いが、Webスクールに通ったら学割料金で購入できるからお得だぞ!

4. 独学vsスクールどっち?最短でWebデザインを学ぶ

最短でWebデザインを学ぶ

Webデザインを学ぶ上で、独学かスクール、習得スピードが早いのはスクールです。

まず、何を学んでおくべきか熟知しているのはスクールです。Web業界は、技術やトレンドの移り変わりが早いので、日を追うごとに情報は古くなっています。最新情報が常に入ってくるスクールで学ぶのが近道です。

またスクールでは、そのまま就職を斡旋してくれるところがあるので、就職をゴールにしているのであれば、スクールで勉強するのがおすすめです。

独学

金銭的な理由で独学したい人もいるでしょう。また、性格的に独学で学んでいくのが得意な人もいます。そのような人は、独学で身につけるのも一つの手段です。

独学であれば、Webデザインについて書かれた本やサイトを見ながら学ぶのがおすすめです。ユーキャンのような通信講座を使うのもありですし、無料講座を探して勉強しても良いでしょう。

スクール

スクールは、今必要なWebデザイナーのスキルが身につけられます。

以前は通学タイプだけでしたが、今は、オンラインスクールでも学べます。

オンラインスクールは、時間の融通が利き、地方でスクールがない地域でも学ぶことができるので人気です。

うさ吉先生

Webデザイナーでスクール通っていた人は多いんだ

多くのスクールでは、無料説明会や無料体験レッスンが受けられます。できれば、実際にスクールの雰囲気を確かめてみることをおすすめします。

Webデザインを学べるスクールはこちら▼

5. Webデザイナーの仕事とは?需要と将来性はあるのか

Webデザイナーの仕事と将来性

では実際、Webデザイナーの仕事内容はどのようなものなのでしょうか。

Webデザイナーの仕事内容は、新規のホームページのデザイン作成はもちろんですが、すでにあるホームページの更新、記事のデザイン作成、バナー作成と様々です。

昨今は、AIなどの技術が取りざたされ、仕事の将来性が気になる人もいるかもしれません。今までも、自動でコーディングできるソフトや、多くのテンプレートデザインが出ましたが、webデザイナーの需要が減ることはありませんでした。

まだまだ需要のある職種と思って良いでしょう。

Webデザイナーの1日の仕事

実際にWebデザイナーになったら何をするのでしょうか。働き方によって変わりますが、一般的なWeb制作会社のWebデザイナーの1日を見て見ましょう。

Webデザイナーの1日

ほんの一例です。デザイナーは、一人コツコツ作業するイメージがありますが、作業だけでなく、ディレクターとブレストしながら制作を進めます

お客さんとの打ち合わせに同行することも珍しくありません。

制作会社によっては、グラフィックデザイン、写真のレタッチや、DM作成などの仕事が入ってくる場合があります。

また、作成するホームページにシステムが必要な案件であれば、SEやエンジニアとの打ち合わせも必要です。デザインと一口に言っても幅広く、技術的な知識が必要です。

Webデザイナーの求人動向

Webデザイナーの求人動向を調べるため、Webデザイナー、営業職、事務職の人口と求人数を比較しました。

  Webデザイナー 営業 事務
人口 19万人

(デザイナー総数)

336万人 1319万人
リクナビNEXT
求人件数
1919件 7709件 5004件
マイナビ転職
求人件数
350件 3096件 2375件
Green
求人件数
2898件 2375件 771件

※リクナビNEXT、マイナビ転職、Greenの求人件数は2010年に集計

求人数で言えば、営業や事務の方が当然多いですが、人口に比べると圧倒的にWebデザイナーの求人数は多いと言えます。

また、デザイナーの人口なので、Webデザイナーに絞ると、さらに需要は高いと言えるでしょう。

Webデザイナーは海外で働くことができる?

コーディング言語は世界共通なので、海外でも通用します。また、オフショアと言って、海外に制作拠点を置く会社も多く、海外で働く機会が得られます。

リモート作業で行えるので、他の職種より海外で働きやすい職種です。

6. 働き方はどうする?Webデザイナーの雇用形態と収入相場

雇用形態

Webデザイナーは、色々な雇用形態があるのが魅力の一つ。在宅ワークが可能なので、働きやすい職種と言えます。

正社員

平均年収
440

Webデザイナーの正社員採用の平均年収は440万です。

勤務先の業種によっても金額が変わりますが、大手企業のデザイナーや代理店は比較的高く、制作会社は低い印象です。

ただ、実際ホームページを一から作成する機会が多いのは制作会社で、やりがいを感じて制作会社選ぶ人も少なくありません。

派遣社員

平均時給
1,775

派遣会社の平均時給は1,775円です。

社内でデザイナーを抱えず、派遣社員として雇用する場合があります。

派遣というスタイルが合っている人にも需要はある職業です。実際に働いてみて社員採用されることもあるので、どんな仕事内容か見れるのもメリットですね。

アルバイト

平均時給
1,004

アルバイトの平均時給は、1,004円です。

アルバイトだと、デザイン作業よりはコーディングができる人が重宝されるでしょう。

未経験だとデザインのクオリティを担保するのが難しいので、コーディングやWordPressが得意だと歓迎されやすいです。

フリーランス

フリーランスの平均年収は出ていませんが、月30〜60万程度辺りが多い印象。スキルがある人は、年収1,000万を超える人も珍しくはありません。

また、業務委託の形式で、社員と同じように週3〜5日働く雇用形態が増えています。案件を探す手間が省け、フリーランスでも安定が得られます。

※年収は求人ボックス参照

うさ吉先生

他の職種に比べ、とにかく働き方が幅広い

実際のWebデザイナーの求人について見たい人はこちら▼

7. 実務未経験からWebデザイナーになるための就活ステップ

ポートフォリオ

未経験でWebデザイナーとして就職を目指すのであれば、就活ポイントはしっかり抑えておきましょう。

ステップ1:ポートフォリオ(作品集)の制作

未経験でなくても、ポートフォリオの提出は必須です。

経験がない分、自分をアピールできる最大の場面です。履歴書や職務経歴書より重視する会社も多いので、しっかり作り込んでおきましょう。

ポートフォリを作る上でのポイントは以下です。

ポートフォリオを作るポイント

  • 作品数を多い方が◎
  • ブログの運用もポイント大
  • Javascriptを使って動きのあるサイトを作る
  • イラストが描ければ◎

作品数が多いことが良いのはもちろんですが、ブログを運用も良いでしょう。

サイト作成をする時、ライターをアサインする場合がありますが、予算がない場合は、お客さんの資料からサイトを構成することがあります。文章力があるのはメリットです。さらに、積極性が感じられ、好印象に感じられるでしょう。

また、Webデザイナーの必要なスキルとしてJavascriptを挙げましたが、実はJavascriptが書けないWebデザイナーは少なくありません。Javascriptを使って動きがあるサイトを作れることは、有利に働きます。

もちろん、イラストが描けるのであれば、イラストは忘れず掲載しておきましょう。

ステップ2:伝わる志望動機の書き方を知る

履歴書の書き方は、ほとんど一般の職種と変わりません。当たり前ですが、志望動機などはきちんと記載しておきましょう。

好印象なのは、制作実績を公開している会社であれば、その作品について触れることです。どんな仕事をやっているか調べていない人は、当然ながら印象は悪くなります。

また、コミュニケーションスキルも見られるので、営業、接客業をしている人は、人と接することが得意な点もアピールしましょう。

ステップ3:Webデザイナーとしての実務経験を積む

もし正社員採用が難しい場合は、アルバイトから実績経験をつむのも手です。少しでも実務経験があれば率先力とみなされ、就職活動の時有利になります。

新卒であれば、インターン、企業研修を利用するのも良いでしょう。

クラウドワークスでは、難易度の低い案件があるので、そこで実際に案件を受注して経験にすることもできます。

うさ吉先生

ポートフォリオは就活の時も、フリーランスになった時も、必ず見せて欲しいと言われるので、しっかり作っておこう!

8. 未経験からWebデザイナーになるまで

未経験からWebデザイナーになるまで見てきましたが、いかがでしょうか。

未経験からはじめるのは大変ですが、自分が作成したホームページが公開された時には、達成感があります。やりがいのある仕事なので、頑張りたいですね。

今のご時世、テレワークで働きやすい職種だと安心です。

うさ吉先生

私も10年以上やっているが、今でもやりがいのある仕事で楽しいぞ