サービス一覧

スキルを売り買いできるココナラってどんなサービス?

  スキルを売り買いできるココナラってどんなサービス?

ココナラ公式サイトへ

クラウドソーシングサイトの利用者が増加するにつれ、次第にシェアを増やしてきているサービスが「ココナラ」です。

自分が持っているスキルを、フリーマーケット形式で気軽に販売できる仕組みが分かりやすく、広告も定期的に打っているため、よく知らないけど名前は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

今回は、そんなココナラの特徴・他のクラウドソーシングサイトとの違い・メリット・デメリットについてご紹介します。

1.ココナラとは

ココナラは、自分の「知識・スキル・経験」を、フリーマーケット形式で売り買いできるクラウドソーシングサイトです。

株式会社ココナラが運営し、人気クラウドソーシングサイトの中では比較的設立は遅めで、ランサーズが2008年4月・クラウドワークスが2011年11月となっていますが、ココナラは2012年1月に設立されています。

もともとは個人向けのサービスでしたが、先行投資・定期的なキャンペーンにより、法人の依頼も増えてきています。

クラウドソーシング

仕事(ホームページ作成、データ入力など)を依頼したい発注者が、不特定多数の人に対してその作業をしてくれる人をネット上で募集します。参加したい作業者がその募集に応募し、発注者と合意が取れれば契約が成立します。このようなプロセスをクラウドソーシングと言います。クラウド(crowd)は群衆という意味があり、この契約は必ずしも1対1ではなく、複数人に頼む場合もあります。

ココナラ公式サイトへ

うさ吉先生

最近CMで知名度をぐっと上げてきている

2.ココナラで購入・出品できるものは?

フリーマーケット形式ということもあって、ココナラで購入・出品できるものは、他のクラウドソーシングサイトに比べて「個人向け」の商品が多い傾向にあります。

法人の購入を想定したサービス・より専門的な知識を必要とするスキルについては、ココナラが独自の基準で選ぶ「PRO認定」の要件を満たした出品者を選べるようになっています。

実際に出品されているサービス一覧をチェックして見ると、プロも利用する専門的な分野から、個人が趣味に近いレベルで利用するものもあります。

以下に、ココナラ以外でも依頼できるスキル・ココナラの方が見つけやすいスキル・まずココナラでしか見かけないスキルをまとめてみました。

ココナラ以外でも依頼できるスキル

  • デザイン
  • Webサイト制作・Webデザイン
  • 動画・写真・画像
  • ライティング・ネーミング
  • ビジネスサポート・代行
  • ビジネス相談・アドバイス
  • 集客・Webマーケティング
  • 翻訳・語学
  • IT・プログラミング
  • 士業(行政書士・税理士etc.)

いわゆる「プロフェッショナル」向けのスキルです。こちらは、ココナラがテコ入れを図っているジャンルで、他のクラウドソーシングサービスから流れてきた出品者も少なくありません。

主にビジネスユースを想定した商品が多く、金額も高めですから、あえてフリーマーケットで購入しようと考える人は少ないかもしれません。しかし、商品の単価が決まっている分、購入の判断はつきやすいでしょう。

ココナラの方が見つけやすいスキル

  • 似顔絵・イラスト・漫画
  • 音楽・ナレーション
  • キャリア・就職・資格・学習
  • マネー・副業・アフィリエイト

やや趣味的な要素が多いものの、他のクラウドソーシングサイトでも、似たようなサービスを見かけることがあるジャンルです。ナレーションなどは、プロの声優さんが出品しているため、動画制作などで役に立つという声は多いようです。

資格試験の勉強相談・投資方法に関する相談など、プロレベルではないが一定の成果を挙げている人たちが、独自のスキルを販売するケースもあります。このあたりから、徐々に「フリーマーケット形式」であるココナラの個性が垣間見えるようになります。

まずココナラでしか見かけないスキル

  • 占い
  • 悩み相談・カウンセリング
  • 恋愛・結婚
  • 美容・ファッション・健康
  • ライフスタイル
  • 趣味・エンターテイメント

ココナラの知名度を一気に押し上げたジャンルの一つに「占い」があります。

かつてその勢いは他の出品を圧倒し、上位出品者が単価50,000円以上の金額を売り上げることも珍しくない時代がありました。しかし、電話相談が可能になってからは、分単位でかなりのお値段が動くようになり、上位占い師の多くは電話相談にシフトしている傾向にあります。

悩み相談や恋愛の商品では、「彼氏・彼女トークします」的なものから、純粋に将来の相談を受け付けるものまで実に様々です。

美容・ファッション・健康の分野では、ダイエットプランを専門に組むPRO認定出品者も見つかります。趣味やライフスタイルの分野では、旅行プランの代行・インテリアの配置相談など、幅広い趣味に対応できる商品が人気です。

ここまで多彩になると、日曜日の昼間のフリーマーケットどころか、夜のスナック・朝の公園レベルの人間味を感じさせます。ランサーズ・クラウドワークスでの出品は難しいでしょう。

ココナラ初心者が出品するなら、まずはこちらのジャンルから始めてみると良いでしょう。

ココナラ公式サイトへ

うさ吉先生

悩み相談を売れるとは、面白いな

3.ココナラはどういう人が利用する?

ココナラの利用者については、概ね20~40代の利用が多く、かなり幅広い年齢層に利用されていることが分かります。また、男女比は1:1となっていて、特定のジャンルに偏らない出品が味方したものと考えられます。

個人・法人の別としては、やはり個人向けの出品が圧倒的多数のため、個人として利用するユーザーが多いようです。

しかし、ココナラでは将来的に法人の利用を増やすことを考えているため、今後はプロフェッショナル向けの出品に注目が集まるものと予想されます。

ココナラ公式サイトへ

うさ吉先生

私の周りにも、スポーツチームのロゴを依頼する人がいたぞ

4.ココナラで「スキル」を購入する

実際にココナラで出品者の商品を購入する場合、どのようなメリット・デメリット・注意点があるのでしょうか。以下に、主なものをご紹介します。

ココナラで「スキル」を購入するメリット・デメリット

ココナラを購入者側として利用する際のメリットとしては、値段や商品の内容が分かりやすい点です。販売価格によって購入するかどうかを判断しやすく、お手頃価格の出品が多いため、それほど負担を感じることなく購入へと進めます。

必要に応じてオプションの依頼もでき、そちらの料金も可視化されています。また、ココナラ独自の出品者評価システムがあるため、評判の悪い出品者からの購入を避けることもできます

プロフィールページを見ると、ポートフォリオなどが確認できるため、出品者の質をチェックするのに役立ちます。直接見積もりをもらう場合でも、目安となる料金プランを表示している出品者は多いため、全体的に明朗会計となるケースが多いでしょう。

基本的に、購入者にとって買い物しやすいようにサイトが構成されているため、購入者側のデメリットは限定的です。

しかし、評価数が少ない出品者や低評価のついた出品者は、他のクラウドソーシングサイト同様、出品後の対応に難があるケースは珍しくないようです。

商品ページを購入後、全く音沙汰がない悪質な出品者に当たってしまうと、それだけ対応に時間・手間がかかります。事前にダイレクトメッセージを送って、速やかに反応が返ってくる出品者を選びましょう。

手数料はかかる?

ココナラでは、購入者側に手数料が課せられることはありませんから、安心してショッピングを楽しめます。支払い方法も複数あり、クレジットカード決済・キャリア決済・コンビニ決済・電子マネー・銀行振込といった方法があります。

また、ココナラで商品を購入した場合はポイントが貯まるため、それを使うことも可能です。ココナラのサービスをよく使う人は、ココナラだけで使える「ココナラコイン」を購入することもできます。

クレジットカードを使うのに抵抗がある人は、プリペイドカードのような感覚でココナラコインを購入すると、決済が楽になります。いわゆる仮想通貨のような「投資対象」のコインではありませんから、その点は誤解しないよう注意が必要です。

ホームページ制作を依頼した時の料金は?

ココナラでホームページ制作を依頼する場合、一定の水準を満たすレベルのページが欲しいなら、10万円以上の商品を購入することをおすすめします。

というのも、出品者側の裁量で最低金額は自由に決められるため、ワンパッケージとして販売されていないケースも多いのです。

中には、5千~1万円という格安でサービスを提供している出品者も存在しますが、最低限のデザインにとどまっている超格安案件のため、発注する側がきちんと用途を理解していなければムダ金になる可能性もあります

言い換えれば、ホームページを作る目的がはっきりしているならば、数万円単位の商品ページで高評価の出品者に絞って依頼するという方法もあるでしょう。

ワンパッケージで購入でき、なおかつ質問にきちんと回答してくれる出品者を見つけたいのであれば、6桁からのスタートを想定しておきましょう。

ココナラ公式サイトへ

うさ吉先生

ホームページを依頼するなら、最低でも5万以上が良さそうだ

5.ココナラで出品する

続いては、ココナラで実際に自分が出品する場合のメリット・デメリットについてご紹介します。購入者側にとっては魅力的でも、出品者という立場になると、必ずしも魅力的な点ばかりとは言い切れない部分が見つかるようです。

ココナラで出品する場合のメリット・デメリット

出品する側のメリットとしては、売れれば売れるほど「評価」が蓄積されていく点です。一定の条件を満たすとランクアップするため、最高位のプラチナになれば、購入してもらえる確率が高まります。

また、出品者側が取引を終える権限を持っているため、その点も強みになります。ただし、一方的なコミュニケーションで取引が終わってしまうと、悪評価につながるおそれがありますから、注意が必要です。

デメリットは、出品者側が購入者を選びにくい点と、自分の商品ページを購入者に見つけてもらいにくい点です。

せっかくサービスを購入してもらっても、中には悪質な購入者もいて、内容に納得がいかないという理由からキャンセルを強要したり、容赦なく低評価をつけたりするケースに遭遇することもあります。

ココナラは購入者の評価を重要視するため、悪評価が速やかにランキング等に反映される傾向が見られます。

サービスが購入された後で購入者の人格を見極めるのは難しいため、対策として「購入前のダイレクトメッセージ」で、事前に購入者側の希望を確認しておくとよいでしょう。

出品者は年々増え続けており、新人は商品ページを見つけてもらいにくいため、なかなか購入に至らず退会する例も少なくないようです。そのような場合は、リクエストボードを活用することをおすすめします。

リクエストボードとは、購入する側が希望する商品ページを見つけられず「これ作って!」と呼びかける掲示板のことです。ここから自分の商品ジャンルに合致する人を探して、自分から「それできます!」と提案して仕事を見つけることも可能です。

手数料はかかる?

ココナラは、出品者側から手数料を請求します。売上から消費税と一緒に差し引かれ、パーセンテージも他のクラウドソーシングサイトと比較して高めの設定となっています。

手数料率には累進課税の概念を取り入れており、売上総額に愛する金額部分に応じてパーセンテージが変動します。

※なお、手数料率は全て税別です。

5万円以下の金額部分
25%
5万円超~10万円以下の金額部分
20%
10万円超~50万円以下の金額部分
15%
50万円を超える金額部分
10%

仮に、55万円の商品が購入された場合、以下のような形で計算されます。

  • 50,000円×25%×1.08 =13,500円
  • 50,000円×20%×1.08 =10,800円
  • 400,000円×15%×1.08 =64,800円
  • 50,000円×10%×1.08 =5,400円

合計:94,500円

よって、実際に手元に残る金額は455,500円となります。

ココナラ公式サイトへ

うさ吉先生

出品手数料は高いが、営業コストがないと考えれば便利なサービスだ

6.ココナラのアプリについて

スマホを使っている人は、アプリをダウンロードすることで、より便利にココナラを利用できます。以下に、アプリの使い心地や主な利用用途についてまとめてみました。

どういう時に利用する?

ココナラのアプリを利用する人の多くは、外出先でクライアント(出品者)とやり取りするためにダウンロードするケースが多いようです。

もちろん、商品ページの購入・マイページ編集などは、アプリを経由して行うことはできるのですが、どちらかというとブラウザの方が使いやすいように構成されています。

運営局も、機能改善はブラウザを優先する傾向にあるため、あくまでもサブ的な役割を担うアプリと考えておいた方がよいでしょう。

使い心地はどう?

ココナラのアプリは、取引が多くなるにつれて重宝します。

タップするだけでページが変わり、ブラウザよりも反応が早いため、スピーディーにやり取りできます。アプリ自体もマイナーチェンジを続けており、ユーザーの指摘を受けて使いやすくなるようカスタマイズされています

外出していても、何か取引に動きがあれば逐一通知してくれます。そのため、移動中のタイミングでも速やかに回答できますし、ココナラ運営局からの連絡にも回覧板感覚で目を通せます。

しかし、取引数が多くなると、読み込みに時間がかかったり、通知が来るタイミングが遅くなったりするといった不具合も確認されています。

また、キーワード等で出品者・商品ページを検索する機能がブラウザよりも弱く、画面が小さい分だけ一度に確認できる情報が少ない点もネックになります。

アプリメインで取引を進めるのは難しいですが、移動中にも情報をチェックできるのは大きなメリットです。ブラウザの補完的役割は、十分担えるアプリと言えそうです。

ココナラ公式サイトへ

うさ吉先生

会社は成長しているから、アプリのアップデートもしっかり行なっていくだろう

7.ココナラの評判・口コミ

ココナラは、主にクラウドソーシング初心者に人気があります。

購入者は老若男女幅広く登録できる雰囲気となっていますが、出品者目線で見ると、プロというよりは副業での利用を検討している人向けのサービスと言えます。

それだけに、評判は「良い・悪いの両極端」が集まる結果となりました。以下に、主な評判・口コミをご紹介します。

  • 高評価の出品者を見つけやすく、自分が購入する際の参考にできた。(購入者)
  • リクエストボードで依頼を受けたら、その人がリピーターになってくれた。(出品者)
  • 一度ランキングに載ったら周囲の反応がすごい。(出品者)
  • 手数料が高くて使う気にならない。一度に高額の商品を売らないと損。(出品者)
  • 商品内容が悪質な場合がある。ネットの無料占いの結果をまんまコピーしていた出品者もいた。(購入者)
  • サービスに書かれていることをきちんとしているのに文句言うの止めて。(出品者)

全体的に、購入者は評価高め・出品者は評価低めの意見が多いようです。

ココナラ公式サイトへ

うさ吉先生

出品者はなかなか辛口だな

8.クラウドワークスやランサーズとの違いは?

ココナラの大きな特徴は、「フリーマーケット形式」という販売形態にあります。

フリーマーケット形式というのは、簡単に説明すると、肉屋さん・八百屋さんのように「スキルを商品として出品」でき、購入者はその品物を見て購入するかどうか決められる仕組みのことです。

要するに、スキル屋さんが集まる市場ということです。

受注する側が自分でスキルの価格を決められる点が、他のクラウドソーシングと一線を画しているところです。しかし、2019年現在では機能が大幅に改善され、見積もりからの発注も可能となっています。

9.ココナラの登録方法

ココナラに登録する場合、以下の3つの方法があります。

  • Eメールで新規登録
  • Facebookで新規登録
  • YahooIDで新規登録

Facebook・YahooIDがあれば、入力の必要はほとんどありません。
よって、メールアドレスを使った登録方法についてお伝えします。

  • ①ココナラと連絡を取れるメールアドレスを入力
  • ②ユーザー名を入力
  • ③自分で決めたパスワードを入力
  • ④生年月日を入力
  • ⑤性別を入力
  • ⑥プロフィール画像を選択(任意)

その後、画面下にある「利用規約に同意して登録」を選べばOKです。

10.ココナラの解約・退会方法は?

ココナラを退会する場合、簡単な手順で退会することができます。

マイページから「よくある質問」を選んだ後、その中の「会員登録・情報変更」を選択し、「退会するにはどうすればいいですか?」の項目を選択します。

その後、「こちら」と大きく書かれたリンクが貼ってあるページを確認できたら、そのまま「こちら」をクリックします。

すると、退会フォームへ飛びますから、退会理由を記載した後「退会する」をクリックしましょう。

最終確認の画面が出たら、そこで「退会する」を選んで完了です。

11.ココナラまとめ

ココナラは、クラウドソーシングサイト初心者が経験を積むには、非常に使いやすいサービスを提供しています。

フリーマーケット形式が購入者にとって使いやすい反面、利用者のモラルに問題があったり、ライバルが多かったりして、思うように売上が出ない出品者も少なくありません。

地道に販売実績を積み重ねれば、ランキング・おすすめサービスとして紹介される機会も増えますから、まずは自分が「これは他の人よりも得意」だと思えるサービスを提供することから始めてみましょう。

いつの間にか、あなたの商品を買ってくれるお得意様が見つかるかもしれませんよ。

ココナラ公式サイトへ

うさ吉先生

クラウドソーシングの中ではダントツ使いやすいサービスだ。気になる人は、安いものもあるから試しに購入してみても良さそうだ